男の人

女性の命である髪のお守り|薄毛からフサフサな髪に

神経質になりすぎないこと

髪の毛

毎日抜け毛があるのは普通

洗髪をすれば必ず髪が抜け落ち、0本ということはまずありえません。1日に抜ける本数は50〜60本が普通であり、多くて100本と言われています。本数は日によっても変動するため、多いと感じることも当然あるでしょう。特に疲れているときは、頭皮も疲労を感じているため抜け毛が多くなる傾向があります。そのため夜遅くまで残業続きの方は、薄毛になりやすい環境だと言えます。抜け毛が増えてきたら、薄毛対策として心身をリラックスさせる生活を心がけましょう。血行不良が薄毛の原因になることは有名ですが、この原因として疲労やストレスがあります。薄毛対策で大切なのは、抜け毛に対して過度に反応しないことです。ある程度は抜けるのは当然であり、神経質になりすぎると余計に薄毛を悪化させます。

洗髪はしっかりと行うこと

洗髪の頻度が少なすぎると、薄毛になりやすいので注意しましょう。毎日の洗髪は面倒という理由で、週に1〜2回しか洗髪をしない方もいますが、日本人は毎日洗うのが基本です。毛穴に汚れを溜めてしまうと、毛穴が塞がって毛根まで栄養が浸透しません。それにより髪が痩せてくるので、1日1回は洗髪をして薄毛を予防してください育毛用のシャンプーは頭皮に刺激を与えないので、サロンやヘッドスパなどで頭皮に合ったシャンプーを選んでもらうといいです。シャンプーは十分に泡を立てることで、細かい汚れまで落とすことができます。頭皮がベタベタしてきたら皮脂が溜まっているので、ホホバオイルなどを使用して皮脂を溶かしていきましょう。ホホバオイルは皮脂に近い性質があるため、敏感肌の方でも使うことができます。