大切な歯を守るために、子どものうちから身につけるべき歯磨き習慣

子どもの歯を守る正しいブラッシング方法

正しいブラッシングの方法とは?

乳歯が2本生えたら、歯磨きをスタートしましょう。
最初はガーゼで拭うようにして磨くことをお薦めします。

何本も生えてきたら、乳児用のゴム製歯ブラシを与えると良いです。
おしゃぶりのように、口に入れることから慣れさせていきましょう。
大切なのは、歯磨きを嫌がらないようにすることです。

乳歯が生え揃う2〜3歳頃には、幼児用の通常の歯ブラシを使いましょう。
そして『自分で磨く』というトレーニングを始めていく時期です。

歯磨きの際には、手に力を入れずに優しく拭うように。
握り持ちさせるのではなく、鉛筆持ちさせると良いです。
程よく力を抜いて保つことができるので、歯や歯茎を傷つけることがありません。

できれば小学校に上がる前までは、親御さんが仕上げ磨きをしてあげてください。

親の『仕上げ』が大切な歯を守る

お子さんが小学校に上がる前までは、親御さんが仕上げ磨きをしてあげましょう。
そして仕上げ磨きをしながら、自分で磨く際の方法方やコツを教えてあげましょう。

お子さんの歯1本1本を、歯ブラシの先端部分で優しく磨きながら、特に歯と歯の間の汚れをしっかりと落としてあげてください。
虫歯になるリスクを高めるのは、歯間に残った汚れです。
そしてこの歯間汚れは、お子さんが自分で磨いたのではほとんど落とせません。

歯間汚れは無理に擦ろうとしないでください。
お子さんが痛みを感じたり、歯茎を傷つけてしまうことがあります。

歯ブラシで落とせない場合は、デンタルフロスを活用すると良いでしょう。
その場合でも、力を入れずに優しく拭うように落としてあげてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る