子どもの歯ブラシの交換時期はいつ?

大切な歯を守るために、子どものうちから身につけるべき歯磨き習慣

子どもだからこそ正しい歯磨き習慣を!

「乳歯は抜けてしまうものだから、そんなに深刻にならなくていい」 そんなことを思っていませんか?実はそれ、大間違いです! 乳歯の健康状態が、生え替わった後の永久歯にも大きく影響してきます。 大切な子どもの健康を守るため、乳歯や歯磨きの大切さを知っていただけるよう、子どもの歯についてご紹介いたします。

子どもの正しい歯磨き、ご存じですか?

お子さんの口の中、時々チェックしていますか?
歯磨きなどは積極的に促していますか?

お子さんを虫歯から守るためには歯磨きを促すだけではなく、親がしっかりとチェックしてあげたいものです。

「乳歯はすぐに生え替わって永久歯になるから大丈夫」
そんな風に考えている親御さんは少なくありません。
ですが乳歯のうちから口内環境を整えておかないと、生え替わって永久歯になった後でも、虫歯に悩まされることになりかねません。

乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄く、永久歯の半分程度しかありません。
歯の一部が割れたり欠けたりすることも珍しいことではなく、虫歯のリスクも大人の倍だと考えて良いでしょう。

そもそも虫歯というのは菌であり、繁殖し広がるものです。
口内に虫歯菌が存在していれば、後から生えてくる永久歯に影響が及ぶのは当然のことなのです。

そして生まれてすぐの子どもの口内に虫歯菌は存在しておらず、成長する上で虫歯菌に感染することで虫歯は起こるもの。
子どもが虫歯になるということは親の責任でもある、ということを忘れないでいただきたいのです。

特に6歳臼歯と呼ばれる最初の永久歯は、乳歯が全て残っている状態で生えてくることがほとんどですし、溝も深く磨きにくいことから虫歯になりやすい歯とも言われます。

お子さん自身のために、永久歯に変わる前から正しいケアの仕方を教えておくこと。
そのために親がメンテナンスやケアについて、しっかりと認識しておくこと。
それが子どもの歯と健康を保つポイントとなります。

虫歯予防について、食事の後だけではなくおやつの後にも歯磨きをしたり、うがいなどですすぐといったケアはとても大切になります。
お子さんの自発的なケアだけではなく、ぜひ日頃から親御さんがチェックしてあげましょう。

子どもの歯を守る正しいブラッシング方法

乳歯と永久歯では、ブラッシングの仕方が違うことをご存じでしょうか。 もしかすると、間違ったブラッシングがかえって虫歯を招いているかも知れません。 あなたが知っておくべき、正しい乳歯のブラッシング方法をご紹介いたしますので、ぜひ今日からお子さんにやらせてあげましょう。

子どもの歯ブラシ、それで大丈夫?

お子さんの歯ブラシ、劣化チェックやタイプの見直しをこまめに行っていますか? 日々成長する子どもには、成長に合わせた歯ブラシを使わせたいものです。 大切なお子さんに使わせる歯ブラシの、様々なタイプの違いや歯ブラシの交換時期についての疑問を解決していきましょう。

TOPへ戻る